自然に還す

9月11日(日)「長楽寺」 豆太郎の遺骨を立会合祀いたしました。 金子みすゞ 「星とたんぽぽ」 青いお空の底ふかく 海の小石のそのように 夜がくるまで沈んでる 昼のお星は眼にみえぬ。   見えぬけれどもあるんだよ   見えぬものでもあるんだよ。 散ってすがれたたんぽぽの 瓦のすきに、だァまって 春のくるまでかくれてる つよいその根は眼に…

続きを読む